【お客様インタビュー】フレキシブルコンテナバック |リサイクル業 A社様

2017年06月19日

お客様:リサイクルマテリアル業様

今回、リサイクルマテリアル業をされている会社様にインタビューにお答えいただきました。

 

image

続きを読む 【お客様インタビュー】フレキシブルコンテナバック |リサイクル業 A社様

【納入事例】特注丸形フレコンバッグ

2017年04月07日

フレコンの工場 土壌改良の荷姿として、1tフレコンを使用している改良材メーカーより丈夫なコスト削減が出来るか相談をいただき、頂きました図面より弊社工場担当と打ち合わせし、作成致しました。


特注丸形フレコンバッグ
寸法:φ1100×H1100mm 上φ600×H900mm 下部反転ベルト無し
100%バージン材  165g/m²
20FTコンテナ:3600枚
続きを読む 【納入事例】特注丸形フレコンバッグ

【近未来】土木建築資材で革命を起こせる(かもしれない)新素材をご紹介

2016年06月23日

建築資材の伝統と革命

昔から建築の骨格を形成する素材として使われ、「4大素材」と呼ばれてきたのは「石」「木」「鉄」「コンクリート」の4つです。近年ではこれら伝統的な素材に加えて、科学技術を駆使してさまざまな優れた特性を持つ素材が開発されています。建築業界に革命をもたらす可能性がある、それらの一部をご紹介します。

 

imasia_2000603_L

続きを読む 【近未来】土木建築資材で革命を起こせる(かもしれない)新素材をご紹介

マスカー使い方を完全紹介!手軽で便利な養生資材・マスカーテープの実力

2016年06月14日

t010006021751-500

 

「マスカーテープ」とは、ご存じのとおり養生シートとマスキングテープが一体化した画期的な養生資材です。貼りやすく剥がれやすいテープと一体になっているのでかんたんに固定でき、ポリシートが幅広い面を汚れや傷から守ってくれます。建築業界ではおなじみのアイテムですね。

 

手軽な養生資材として欠かせないマスカーテープには、他にもたくさんの使い道があることをご存じでしょうか? 今回は、そのうちの一部をご紹介します。

 

>>様々な種類のマスカーテープ一覧はこちら

 

 

続きを読む マスカー使い方を完全紹介!手軽で便利な養生資材・マスカーテープの実力

用途別フレキシブルコンテナバッグ完全ガイド-もう用途やサイズや容量で迷わない

2016年05月31日

 

フレキシブルコンテナバッグ規格 パーフェクトガイド

フレキシブルコンテナバッグの規格で迷っていませんか?フレキシブルコンテナバッグ(フレコン、コンテナバッグ、フレコンバッグとも呼ばれる)は、穀物や飼料、土砂や砂利などの包材として使われ、分別や保管、輸送などの際に用いられます。コンテナやパレットと違い布状で軽く、小さく折りたためるので未使用時に省スペースです。食品や農業、化学、建築材料などたくさんの業界で活躍しています。

 

マチ部分の形状や下部開口部の開閉方法、素材やランニングの種類、角型や円筒型といった全体の形状など、種類が多彩な点も嬉しいですね。ここでは用途別のフレキシブルコンテナバッグ規格パーフェクトガイドをご紹介します。もうフレキシブルコンテナバッグの用途やサイズや容量で迷う必要はありません!


タイプ別フレキシブルコンテナバッグ一覧
http://www.kensetsu-shizai.com/products/list.php?category_id=90

 

特注名入れ・オリジナルフレキシブルコンテナバッグ
http://www.kensetsu-shizai.com/user_data/tokutyu.php

 

imasia_9379135_XL

続きを読む 用途別フレキシブルコンテナバッグ完全ガイド-もう用途やサイズや容量で迷わない

火星の建築から便器まで ~3Dプリンタで作れる建築等の一覧~ ロマンが広がる夢の製造

2016年05月19日


一時期大きく話題になった3Dプリンタですが、最近ちょっと下火です。でも確実に技術は進歩しています。普及が進む3Dプリンタ技術を活用し、建物をつくってしまったという事例もあります。3Dプリンタを使うと、いったいどのようなことが可能になるのでしょうか。最新の活用事例を建築土木資材の観点からご紹介していきます。

 

3dprinting_house_project-71
http://www.wasproject.it/w/en/toc-thinkinprogress-future-3d-printed-home/より画像を引用:コンクリートで3Dプリントされた家の縮小模型

3Dプリンタとは、通常の紙媒体への平面出力ではなく、立体的な3次元の模造(立体出力)を可能にした画期的なプリンタです。2次元プリンタはインクを吐出して文字や形を複製するのに対し、3Dプリンタは通常樹脂などの素材を積み重ねて立体的なオブジェクトを複製します。

趣味の一環として自分の好きなフィギュアのコピーを作ったり、はたまた医療現場にて心臓の人工弁に代替されたりと、今後社会的用途が増々広まっていくことが期待されています。

 

ちょっと変わった3Dプリンタ活用例

殺傷能力のある拳銃、マウスの卵巣、人工歯、便器など、すでに活用範囲はあらゆる方向に及んでいます。医療技術への転用によって私たちが命を救われることもあるかもしれません。3Dプリンタの価格帯は、数万円で手に入る家庭用のものから、世界一周旅行ができるほどに高額な製品までさまざまです。FabLabなど3Dプリンタを備えたカフェも存在します。

3Dプリンタで拳銃を作った人には日本でも実刑が出ています。違法なものは、くれぐれも作らないようにしましょう。Youtube上でさまざまな制作例の動画がアップされています。

 

3Dプリンタが開く、「過去」と「未来」への扉

海外の事例ですが、アメリカでは路面形状に合わせてアスファルトを平らに敷きならす3Dプリンタの開発が進んでいます。また、大型の建築模型に3Dプリンタを活用している武藤工業など、国内で建築に役立てられるケースも年々増えてきています。

3Dプリンタの可能性は、身近なところにとどまりません。「過去」と「未来」への扉を開く可能性を秘めているのです。

pdf_file56e6240842cc2.pdf


5000年前のミイラや法隆寺の国宝「釈迦(しゃか)三尊像」など、歴史的価値の高い遺物や文化財、遺跡の復元にも活用されています。近年寺社仏閣の文化財を狙った窃盗事件が多発していますが、その対策として公開用に3Dプリンタ製のレプリカを置くケースも増えてきました。

この場合、実物は博物館など厳重な警備体制のある場所に保管するそうです。過去にはテロで破壊されたパルミラ遺跡の門もロンドンで展示されました。

a0006_000352_m


3Dプリンタを使うことで、私たちは通常は触れることのできない貴重な文化財を肌で感じ、過去に想いを馳せることができます。最新技術が過去の遺産を守る。技術と文化の融合を示す事例といえます。

3Dプリンタはデータと素材さえあれば、立体的な造形物を生み出すことが可能です。宇宙ステーションへメールで工具を送ったり、火星用住居をつくったり。そんな夢のような研究も進んでおり、アメリカや中国では、実際に宇宙空間で使用可能な3Dプリンタの開発に既に成功しています。

人気マンガ「宇宙兄弟」で主人公のムッタが考案した月の天文台は、部品の一部が月の砂(レゴリス)を材料に3Dプリンタでつくられる計画となっています。人類が地球以外の星で暮らせる日が来るとしたら、そこにはきっと3Dプリンタの活用があるのでしょう。

nasa001
NASAにて宇宙ステーションで実際に出力された3Dソケットレンチ(NASAから画像引用)

 

建築現場に土木建築用3Dプリンタを導入

建築現場から医療現場、文化・歴史遺産の保護と、ありとあらゆる場面で活用されている3Dプリンタ。予想を上回る速度で社会に貢献していたことに、驚いた方も多いのではないでしょうか。インターネット上では、3Dプリンタでコンクリート製のお城をつくってしまうというほっこり動画も話題を集めています。


無限の可能性を秘めた装置、3Dプリンタ。何でも作れる3Dプリンタが目の前にあったら、あなたは何を作ってみたいですか? インターネットが急速に普及した時のように、私たちの未来を面白い方向へと導いてくれるのではないでしょうか。


まだ現時点では、普通の建築土木資材のほうが役に立ちます。建築土木資材のお買い求めはこちらから。
http://www.kensetsu-shizai.com/

恐いのは労災だけじゃない。建設業者を守る保険

2016年05月09日

「想定外」は、あなたを待ってくれますか?

201602_005

建設業はマンパワーが必要でありながら重量物や機械設備を扱うため、労働災害のリスクが高い業種のひとつとなっています。仕事にともなう事故や突然の出費は、想定外だからといって決してあなたを待ってくれることはありません。そんな万が一の場合に、保険で備えて不測の事態を乗り切りましょう。

 

建設業で保険が必要とされる事例

厚生労働省発表の「業種別死亡災害発生状況(平成26年)」によると、もっとも死亡災害が多い業種は建設業で377人となっています。これは全業種合計で1,057人に対し、35.7%を占める割合です。建設業界では、毎日1人以上が亡くなっている計算となります。

労災事故が起こることで大切な従業員の健康や生命が損なわれ、会社の信用が失墜するばかりでなく、事後処理に多大な労力と費用を要することになり兼ねません。労働災害が発生しないよう安全配慮を徹底することが何よりも大切ですが、やむを得ず重大な労働災害が起こった場合に備えて、強制加入の労災保険はもちろんのこと、任意労災保険にも加入しておくべきではないでしょうか。任意労災保険なら、従業員による損害賠償請求への備えも万全です。

 

工事中の事故で第3者に損害発生!

建設現場では、そこで働く作業員だけでなく周辺の人や建物に影響をおよぼす事故が発生する恐れも考えられます。例えば突風で建設現場のクレーンが揺れ、資材が落下して通行人に大けがを負わせてしまったり、溶接の火花から引火して隣接する建物の火災を引き起こしてしまったりと、想像するだけでも恐ろしい損害が発生する可能性もあるのです。

そのような事態に的確に対応してくれるのが、「事業総合賠償責任保険」です。この保険は、上記のように工事過程での事故で第三者に損害を与えてしまったケースで補償が受けられます。損害賠償そのものの費用だけでなく、訴訟になった場合の弁護費用など関連費用まで補償されるものもあります。

 

引き渡し後の保証も

建設が終わって、施主に引き渡した建物等が原因で発生した対人・対物事故の賠償責任が補償される保険もあります。保険会社によって基本プランに含まれる場合と、追加プランとなっている場合があるので確認してみましょう。防水処理の不良個所から漏水してパソコンデータを破壊したり、補修したばかりのマンションの外壁タイルが爆裂によって落下し、通行人にケガをさせたりといった事故のリスクもカバーできます。

 

保険会社別・賠償責任保険商品比較

建設業に特化した賠償責任保険商品は、多くの損害保険会社から発売されています。これらは通常考え得る賠償責任リスクがカバーされていますが、それぞれに異なる特徴がありますので、比較した上でご自分の会社に合ったタイプを選びましょう。

 

工事中の事故補償

完成引き渡し後の事故補償

常設設備に起因する事故補償

訴訟費用補償

その他

AIU事業総合賠償責任保険(STARs)建設業向

個人情報漏洩危険担保特約

あいおいニッセイ同和損保「タフビズTOUGH-Biz」(建設業総合保険)

 

三井住友海上「ビジネスプロテクター(建設業者総合賠償責任保険)」

 

エース保険「建設エース」

地盤崩壊リスク

東京海上日動「超ビジネス保険」

 

損保ジャパン日本興亜「商賠繁盛」(工事業)

 

日新火災「ビジサポ」(統合賠償責任保険:業種別)

×

特約

 

富士火災「工事王」(建設事業基本特約付事業総合保険)

 

 

加入形態を使い分けて掛金を最適化

年間で受注する工事の数が多ければ年間契約、少なければ工事ごとの契約がお得になります。工事ごとの契約は加入漏れや補償内容の重複などの問題がありますので、一定数の発注があるのなら年間契約がおすすめです。会社規模や年間売上高等で掛金が決まることが大半です。

保険料率のアップを免れようと「労災隠し」をする業者も中にはありますが、隠ぺいが発覚した場合のリスクは計り知れません。ネットで情報が簡単に手に入る時代なので、訴えられるリスクも発生してきます。事業継続には適法な対処が大前提となりますね。

 

おわりに

リスクが大きい建設業界だからこそ、保険の加入で想定外の費用や時間の浪費をなくすことには大きな意味があります。万が一の緊急事態にも万全の備えをして、安定経営につなげていきましょう。

梅雨・台風等の水害・浸水など都市型水害に最適な吸水土嚢(どのう)。

2016年05月07日

都市型の水害対策として、吸水土嚢(どのう)が有効です。水で膨らむ土嚢(どのう)です。浸水防止にも使えますが、非常に強く吸水もするので水を吸い取る役割としても利用できます。1枚につき水を約10kg吸水します。1Lのペットボトル10本分です。水で膨らむので緊急の簡易土嚢として利用できます。

 

企業も家庭も、50枚セットを一つ用意しておけば、突然の水害が発生しても何かしらの対応が取れることでしょう。夏に向けた台風が増えますので、ぜひ吸水土嚢(どのう)をご検討ください。

 

吸水土嚢(どのう)50枚セット
https://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=4875

 

台風等の水害・浸水など都市型水害に最適な吸水土嚢(どのう)。

基本的な吸水土嚢(どのう)の使い方

20~30枚あれば、2~3列で2~3段ぐらい並べて使用します。20cmぐらいの浸水を防ぐことができます。もっと高く積んでもよいでしょう。その時の環境に合わせて積んで利用できます。

 

 

吸水土嚢(どのう)は水に浸すだけで20倍膨らむ

吸水土嚢(どのう)は、水に浸すだけで20倍膨らみます。吸水前の寸法は500×400×5mmです。重量は0.14kgです。1枚につき水を約10kg吸水します。1Lのペットボトル10本分です。50枚あれば、500kgの水を吸水できます。数分で約10kg吸水が完了します。ガンガン浸水を防ぐ土嚢として利用できます。

 

家屋、店舗、学校、病院、駅ビルなどの浸水防止に活躍します。シャッター、自動ドアの隙間の浸水防止にも使えます。

 

水たまりなどの残留水の吸水用途にも有効

浸水を防ぐ土嚢以外にも、大量の水を吸水できるので、室内や室外の水たまりや水気を取りたいときにも活躍します。使用後は、乾かせば元の大きさに戻ります。後処理も簡単です。可燃ごみとして処理することができます。

 

基本的に無害な安全性の高いものを成分で出来ていますので、万が一があっても人体にも安心です。

 

注意事項!水温が16℃以下だと性能が低下、3年以上経過すると性能が低下

吸水土嚢(どのう)に使われている吸水樹脂は、水温が16℃以下の場合は吸水スピードが低下します。夏の水害に最適な製品です。また3年以上経過すると、吸水性能が低下するといわれています。

 

吸水土嚢(どのう)50枚セット
https://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=4875

大地震など災害後に使える最適な防水ブルーシートの厚さ、種類、価格について考える

2016年05月06日

 

ブルーシート(カラーシート)は、大地震など災害後に品切れしやすい部材です。地震で瓦が壊れ雨漏りを防ぐためや、割れてしまった窓を塞いだり、室内に荷物を置くことができず、野外に置く荷物をとりあえず保護するシートとして活躍します。ほかにも地面に敷いたり、屋根の代わりに設置したり、とにかく万能に使えます。

 

さまざまな用途で使えるため震災や災害後は、ホームセンター等ではすぐに売り切れます。あらかじめ業務用の幅広くて丈夫なブルーシートを備えておくことをお勧めします。今回はそんな用途に最適な防水のブルーシートについて考えてみます。

000005

 

 

ポイント1:なるべく厚いブルーシートを選ぼう!#3000がオススメ

ブルーシートの厚さはシャープ数字で表現されます。#1000~は薄手です。 #3000は厚手です。できるだけ数字が大きいブルーシートを選びましょう。 厚手であればあるほど、破れにくく丈夫になります。防水の性能も高くなります。 価格は少しだけ高くなりますが、災害時用に備えるなら信頼性を重視しましょう。

 

#3000のブルーシートが入手しやすくオススメです。

06171303_539fbe2e7d810

 

ポイント2:なるべき大きいサイズを選ぼう!大は小を兼ねる

最大で25m×25mサイズのブルーシートもあります。さすがに25m×25mサイズとなると 価格が高くなります。10m×10mになると#3000で1枚あたりの価格が12000円になります。 5.4m×9.0mになると#3000でも5000円台になりグッと安くなります。

 

5.0m以上のブルーシートで、予算に合わせて選びましょう。 屋根の瓦等の仮の修復に使えるサイズが1枚用意できれば、 安心感が増します。

※価格は建設土木資材.comを基準とした価格になります。

03271618_5333d0d2570a9

 

ポイント3:ハトメ(金属のホール)は必須。業務用にはハトメあり。

家庭用のブルーシートには、ハトメ(金属のホール)がないものもあります。 業務用のブルーシートの端にハトメがあります。資材専門店で購入すれば、 ハトメが標準です。念のために購入するときは、ハトメがあるか確認しましょう。 ブルーシートを紐などで固定するには、ハトメが必須です。

 

 

ポイント4:長期になる場合は、紫外線(UV)耐候剤入りの長持ちシートもあります。

ブルーシートなどは紫外線で劣化します。そのために非常に長期の利用が考えられる場合は、紫外線(UV)耐候剤入りの長持ちシートを購入しておけば安心です。ただし価格も高くなりますので、予算に合わせて考えましょう。

04161543_534e269256402

 


関連商品


 

ご不明な点はこちらからお問い合わせください
bs_bnr1

最適な遮水シート とは!遮水シート 合成ゴム(樹脂)系の種類・弾性・用途・耐久性について

2016年04月26日

一般的に利用される遮水シートは、合成ゴム(樹脂)系です。低・中・高弾性タイプや、廃棄物処理分野など用途に応じて、さまざまな種類の遮水シートが存在しています。廃棄物処分場での利用など用途に合わせて最適な遮水シートを判断できるように必要なポイントをまとめてみました。

 

しっかりとした遮水シートを選ぶことで、地球規模でやさしい企業になれます。
pixta_17394495 (Medium)

 

遮水シートなら建築土木資材.comへお問い合わせください。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系の種類について

遮水シートは、大きく3種類に分類されます。合成ゴム(樹脂)系、アスファイルト系、ベントナイト系です。合成ゴム(樹脂)系は、さらに4種類の弾性タイプに分かれます。低・中・高弾性タイプと、繊維補強タイプです。

 

低弾性タイプでは、加硫ゴム系、塩化ビニル樹脂。
中弾性タイプでは、オレフィン系熱可逆性ゴム、熱可逆性ポリウレタン、低密度ポリエチレン、エチレン酢酸ビニル樹脂。
高弾性タイプでは、高密度ポリエチレン、中密度ポリエチレン。
繊維補強タイプでは、繊維補強加硫ゴム、繊維補強塩化ビニル樹脂。
など素材で耐性が分かれています。

 

遮水シートの用途に応じて、最適な遮水シートを選択しましょう。遮水シートを販売している会社へ用途を説明して最適な遮水シートを提案して頂くのがよいでしょう。

 

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の弾性タイプの違いとは

低・中・高弾性・繊維補強タイプの違いは、引張・引裂・接合部強度性能の違いです。それらの性能を必要としない場合は、低弾性タイプお選びください
張力に強く、破け難く、接合部分が強い遮水シートを探している場合は、高弾性タイプです。繊維補強タイプは、伸び率が低いことに注意してください。断裂強度には優れています。

 

また弾性とは、伸びる力に対して耐性です。弾性が高いほど伸びにくく、弾性が弱いほど伸びやすくなります。遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の場合は、この弾性が一つの性能の目安となります。用途に応じて必要とする引張・引裂・接合部強度性能を確認して、最適な弾性タイプを選択しましょう。

 

遮水シート日本遮水工協会自主基準では、
低弾性タイプ:引張強さ120 N/cm 伸率280%・引裂性能強さ40N以上・接合部強度性能せん断裂強度60N/cm 以上
中弾性タイプ:引張強さ140 N/cm 伸率400%・引裂性能強さ70N以上・接合部強度性能せん断裂強度80N/cm 以上
高弾性タイプ:引張強さ350 N/cm 伸率560%・引裂性能強さ140N以上・接合部強度性能せん断裂強度160N/cm 以上
繊維補強タイプ:引張強さ240 N/cm 伸率15%・引裂性能強さ50N以上・接合部強度性能せん断裂強度140N/cm 以上

 

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の主な用途

遮水シート 合成ゴム(樹脂)は様々な用途で活用されます。例えば糞尿や廃棄物などの廃棄物処理分野。雨水の貯蔵や、ため池、用水路など農業分野。宅地や公園などの建築物における屋上防水、プール・水槽など建築分野。ダム、河川、港湾などを始めとする土木建設分野。ゴルフ場、公園の観賞池、調整池など造園分野。

 

遮水シートの施設別用途
・一般廃棄物処分場、産業廃棄物処分場
・糞尿貯留槽・処分場
・雨水貯留槽
・鉱滓貯留槽・沈殿池・工場廃液処理池
・農業用溜池・養殖池
・宅地造成調整池
・公園、庭園やゴルフ場の景観地
・ダム・河川の遮水、共同溝、仮設
・海岸護岸、港湾岸壁、防波堤
・河川、用水路、仮設水路、トンネル止水用
・プール・タンク等の構造物の外壁防水、
・軟弱地盤改良用 他

 

 

廃棄物処理分野で使用する遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の厚さや耐久性について

確実な品質が必要となる廃棄物処理分野で遮水シートの利用には注意が必要です。廃棄物処理分野で使用する遮水シートは、1.5mm以上の厚さが目安です。一般的な厚さの測定方法は、遮水シート幅方向5箇所の厚さを測定した平均値が厚さとなります。測定値は、-10%から+15%までの幅があるとされています。

 

耐久性については、15年が目安になります。最終処分場の埋め立て期間は、5年から15年程度だからです。さらなる安全性を必要とする考えも強く、50年以上の耐久性の需要も増えてきています。

 

15年以上の目安として、耐候性(紫外線変化)試験があります。強い紫外線による劣化促進試験です。約5000時間の照射をクリアすることで、15年の実用性があると考えられています。



条件や環境によりさまざまな要項がありますので、基礎知識を理解したうえで、まずは業者にお問い合わせをお勧めいたします。

 

 

遮水シートなら建築土木資材.comへお問い合わせください。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688

【15年の耐用年数】 遮水シートの選び方-廃棄物処分場に必要な「耐候性」をチェック

2016年04月26日

遮水シートの選び方

一般廃棄物処分場や産業廃棄物処分場には、さまざまな種類の遮水シート(防水シート)が利用されます。廃棄物処分場に必要な遮水シート(防水シート)の選定方法について説明いたします。

オススメ:耐用年数15年(試験データ上)の遮水シートはこちら。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688

 

遮水シートの穴や亀裂で、重大な環境汚染を引き起こす可能性

遮水シートの目的は、有害物質などを含む浸出水を溶出させないことです。有害物質が漏れれば、汚染の原因となります。溶出している場所の特定が困難であることも含め、漏れ出すと長期に渡り環境を汚染し、周辺住民への健康被害を引き起こす要因となり得ます。遮水シートは長期にわたり、穴や亀裂が発生し難い性能が求められます。

 

遮水シートは15年以上の耐久性が必要

廃棄物処分場の運用年数は、15年が一つの目安とされています。15年の耐用年数を備えた遮水シートを選びましょう。遮水シート(防水シート)に一番重要なのは、耐候性(紫外性変化性能)です。ほかには、熱安定性や耐ストレスクラック性、耐薬品性、シート自体の安全性などのチェックポイントがあります。

 

廃棄物処分場向けの遮水シート(防水シート)として一番重要な耐候性と耐用年数とは?

遮水シートは、高分子材料であり、熱や雨風、日射などの環境負荷により劣化します。特に紫外線による劣化の影響が大きく、遮水シートの耐用年数を計算するにあたり、耐候性(紫外線変化)試験が利用されます。

耐候性試験は、強い紫外線の照射を行い、紫外線に対する抵抗力を評価する試験です。JIS等の規格があります。JIS A1415 WS型保進暴露試験では、200~300時間が自然暴露の1年に相当すると考えられています。5000時間の照射をクリアできれば、15年の耐用年数があると計算できます。

 

遮水シートを選ぶ基準の一つとして、耐候性(紫外線変化)試験の結果を参考に、15年の耐用年数が確認できた製品を選びましょう。

 

廃棄物処分場向けの遮水シート(防水シート)の厚さについて

十分な遮水性を保証する一つの目安として、1.5mm以上の厚さが必要と考えられています。一般的な厚さの測定方法は、遮水シート幅方向5箇所の厚さを測定した平均値が厚さとなります。測定値は、-10%から+15%までの幅があるとされています。

 

ちなみに不透水地盤の場合は5m以上。粘性土の場合は0.5m以上。アスファルトコンクリートの場合は0.05m以上です。遮水シートは1.5mm以上の厚さなので、それらと比べると遮水シートは非常に薄いです。

 

遮水シート(防水シート)のその他の基準

熱安定性や耐ストレスクラック性、耐薬品性、シート自体の安全性なども確認しましょう。廃棄処理物に合わせて各種基準も確認が必要です。熱安定性試験とは、高温で劣化することが無いかを確認するテストです。遮水シートの表面は、夏には70℃近くまで上昇します。80℃×240時間などのテストにより、熱安定性の劣化評価をするものです。

 

耐ストレスクラック性とは、剛性の高い遮水シートは、疲労後に割れが発生する場合があります。高弾性タイプの遮水シートでは、耐ストレスクラック性試験が重要となります。耐薬品性とは、遮水シートが酸性雨(PH=3)やセメント水(PH=12)などの酸やアルカリ性の環境を想定した耐久試験です。

 

遮水シート自体の安全性とは、遮水シートから有害物質が発生していないか、確認するテストです。遮水シート自体が汚染物質では、元も子もありません。一度でも公害問題が起きれば、会社にも社会にも長期に渡る悪影響を及ぼします。コスト意識も重要ですが、未来のある社会を実現するためにも、環境に配慮した遮水シートを選びたいものです。

 

遮水シート(防水シート)のその他の基準


オススメ:耐用年数15年(試験データ上)の遮水シートはこちら。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688

難易度・用途別建設業の資格パーフェクトマッピング

2016年04月18日

資格が欠かせない建設業界

sample001

建設業を営むには品目ごとに許可が必要なのはご存じの通りですが、許可を得るための4要件の1つに、「専任技術者の在籍」があります。専任技術者となるためには、許可を得る項目により、特定の国家資格等が必要です。こうした条件を中心に、建設業界では資格保有が欠かせません。今回は専任技術者に必要な資格を、難易度と用途別にご紹介していきます。

 

建設業界における資格の重要性

建設業界に身を置く会社は有資格者の急な退職などにより、事業の要となる建設業の許可が維持できなくなるリスクがあります。リスク回避のためにも常に社員教育をし、スキルと資格を保持してもらうことが重要です。資格取得に必要な勉強は業界業務に即しているので、社員研修にも最適です。許可要件が多い建設業界だからこそ、社員育成をチャンスに転換できます。大手企業では資格を取得した者に対し手当や一時報奨金を支給して、更なる勉強や取得を促すケースも珍しくありません。

 

景気の回復傾向を受けて建設業界では利用する事業者が減っていますが、雇用調整助成金の雇用調整にあたる教育訓練を実施する企業も多くあります。

 

みなさんは厚生労働省主催の「雇用調整助成金」についてご存じでしょうか? 景気変動や産業構造変化などの経済的理由により、事業規模の拡大が難しくなり縮小せざるを得なくなった事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することで、従業員の雇用を維持した場合に助成金が支給される仕組みです。

 

雇用調整(教育訓練)の一環として資格取得の勉強を取り入れれば、雇用を維持しつつ社員のスキルアップが図れます。受給要件が厳しい制度ですが、うまく活用すればキャッシュフローに大きく貢献するので、検討の余地があるのではないでしょうか。

 

建設業の種類別 専任技術者になれる資格一覧

建設業の許可には通常の「一般建設業許可」と、元請として受注した工事1件につき、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上となる下請契約を結ぶ場合の「特定建設業許可」があります。どちらにしても専任技術者になるには、一定の実務経験を有しているなどの条件を満たさなければなりませんが、「営業所専任技術者となりうる国家資格者等」は経験不問で専任技術者となれます(ただし受験資格として実務経験が問われるものが多い)。

 

難易度・用途別建設業の資格パーフェクトマッピングPDF

ppmap

 

◎別表技術士法「技術士試験」合格率(2015年度)

技術部門

合格率

技術部門

合格率

機械

20.7%

農業

14.7%

船舶・海洋

18.2%

森林

23.1%

航空・宇宙

23.7%

水産

17.9%

電気電子

15.8%

経営工学

25.9%

化学

27.9%

情報工学

17.6%

繊維

27%

応用理学

14.8%

金属

45.6%

生物工学

40%

資源工学

28.6%

環境

16%

建設

11.9%

原子力・放射線

24.7%

上下水道

14.7%

総合技術監理

20.2%

衛生工学

11.9%

合計

14.7

 

社員研修として狙い目の資格は?

この中でも難関の試験は「一級建築士」や「電気主任技術者」、「建築設備士」などです。技術士試験も合格率が低いものが多く、難関資格だといえるでしょう。

 

もちろん業種により取得する資格の選定が必要ですが、「1級土木施工管理技士」「1級建築施工管理技士」などの汎用性が高い資格は学科の合格率が50%前後となっており、それほど難易度は高くありません。このように汎用性が高く合格率のよい資格は、社員研修に取り入れる資格としてもねらい目なのではないでしょうか。

 

おわりに

資格取得に積極的な従業員は、向上心や意欲があります。そこで報奨金制度を用意するなどして資格取得を支援し、事業主側から積極的な社員育成の意志をアピールしてみましょう。社員育成は会社の長期的な資産形成だということを、事業主側と従業員側で共有するのです。社員もきっとこの変化に気づくはずです。充実した社員研修で、ぜひ売上増強の基礎固めをしていきましょう。

 

 

猶予期間に準備を!新許可業種「解体工事業」への対応マニュアル

2016年03月28日

猶予期間に準備を!新許可業種「解体工事業」への対応マニュアル

ご存じですか?解体業が独立した許可品目になったこと

建設業を営むには、品目ごとの許可が必要なのはご承知の通りですが、これまでとび・土木工事業に含まれていた解体工事業が、新建設業の許可品目となります。
新たに法律が施行されると、どのような準備が必要なのでしょうか。
申請・更新時の注意点を含めてご紹介します。

続きを読む 猶予期間に準備を!新許可業種「解体工事業」への対応マニュアル

トラブル事例に学ぶ!リノベーション業界生き残り戦術

2016年03月14日

20160314

中古物件のリノベーショントラブル対策

最近よく耳にする「リノベーション」とは、中古物件の機能を回復しきれいにするだけのリフォームと違い、プラスアルファの価値を生み出す改造のことです。
ただ流行の一方でトラブルも多く、地域密着型の中小企業がリノベーショントラブルを起こせば企業生命にかかわりかねません。
今回はそんなトラブルの事例から、対策を考えていきたいと思います。

続きを読む トラブル事例に学ぶ!リノベーション業界生き残り戦術

え、そんなに!有効求人倍率急上昇中の建設業界で人材採用を考える

2016年02月22日

20160222

建設ラッシュと就職希望者減少のダブルパンチに耐え抜く方法

建設業界で人事を担当している人は、昨今の人手不足の影響を痛感しているはず。
その要因と現状について考え、成功している採用手法の事例を紹介していきます。

続きを読む え、そんなに!有効求人倍率急上昇中の建設業界で人材採用を考える

資材置き場の防犯対策!費用対効果が高い防犯グッズはどれだ?

2016年02月15日

資材置き場の防犯対策!費用対効果が高い防犯グッズはどれだ?

見落としがちな資材置き場の防犯対策

資材置き場の盗難対策は、建設業界など多くの企業にとって頭の痛い問題ですよね。
資材が盗難や破損などの被害にあうと、経済的なダメージを受けるのはもちろん、社会的ダメージを被るのも必須。
建設業界関係者にとっては宝の山である、資材置き場の防犯対策についてご紹介します。

続きを読む 資材置き場の防犯対策!費用対効果が高い防犯グッズはどれだ?

どう違う?用途で選ぶ土のう袋とガラ袋

2016年02月02日

土のう袋・ガラ袋

災害や建設の現場で活躍する土のう袋

建築現場で欠かすことのできない土のう袋は、相次ぐ水害の例を見てもわかるように、災害時に水や土砂の浸入を防ぐ用途でも活躍します。
一方、土のう袋と間違えられがちなガラ袋は、性能も使われるシーンも土のう袋とは異なるアイテム。
ここでは、土のう袋とガラ袋の違いについてご紹介していきます。

続きを読む どう違う?用途で選ぶ土のう袋とガラ袋

コンクリートも年を取る。老朽化の検査と補修の方法をご紹介

2016年01月18日

_r1_c1

日々雨風にさらされ、人や自動車に踏みつけられても大丈夫なほど硬く頑丈なコンクリート。
しかし実はそんなコンクリートも、年々老朽化していきます。
傷んだコンクリートの放置は、事故やけがのもと! 
ここでは古くなったコンクリートの検査と補修についてご紹介します。

続きを読む コンクリートも年を取る。老朽化の検査と補修の方法をご紹介

進化した機能性テープ!使い分けでスピード&品質アップを

2016年01月06日

20160106

 

テープと言えば、ほとんどの方が真っ先に文房具であるセロハンテープを思い浮かべることでしょう。
ごく日常的なアイテムであるテープですが、工業や建築業の現場で活躍するものも少なくありません。
それらはテクノロジーの進化により、機能性が年々向上しています。
ここでは、そんな工業用テープの一部をご紹介いたします。

続きを読む 進化した機能性テープ!使い分けでスピード&品質アップを

効果が半減しているかも?防じんマスクの正しいつけ方

2015年11月24日

効果が半減しているかも。防じんマスクの正しい付け方

作業員の安全を守る「防じんマスク」

防じんマスクとは、フィルターによって粉じんの吸引を防ぐため、国家規格に基づいて生産される産業用のマスクです。
安全のため、健康のため、粉じんの発生する現場での防じんマスク着用は重要です。
しかし、正しい着け方をしなければ効果が半減してしまうかも!? 
ここでは、防じんマスクの正しいつけ方をご紹介いたします。

続きを読む 効果が半減しているかも?防じんマスクの正しいつけ方

使っていても、意外と知らない。防じんマスクの区分とは?

2015年11月09日

使っていても、意外と知らない。防じんマスクの区分とは?

粉じんから作業員を守る命綱。防じんマスクの区分とは

建築や土木、製造などの現場では、ホコリが舞う中で作業しなければならないことも少なくありません。
そこで必需品となるのが「防じんマスク」です。
この防じんマスクには「区分」が表示されていますが、この数値が何を示しているかご存じでしょうか。
ここでは、実際に使用していても意外と知られていない防じんマスクの区分についてご紹介します。

続きを読む 使っていても、意外と知らない。防じんマスクの区分とは?

耐候性土嚢の仕組み。新ガイドライン対応で、紫外線劣化に負けない!

2015年10月19日

耐候性土嚢の仕組み。新ガイドライン対応で、紫外線劣化に負けない!

災害時から建設現場まで幅広く活躍する耐候性土嚢

土嚢は災害現場や工事現場で使用されることが多く、雨風や紫外線にさらされます。
ほとんどの土嚢は紫外線による品質の劣化が課題となっていました。
近年、東日本大震災をきっかけに土嚢の重要性が見直されるようになり、「耐候性土嚢」が注目を集めています。
ここではそんな「耐候性土嚢」についてご紹介いたします。

続きを読む 耐候性土嚢の仕組み。新ガイドライン対応で、紫外線劣化に負けない!

雑草が少ない冬がチャンス!防草シートの正しい敷き方

2015年10月13日

雑草が少ない冬がチャンス!防草シートの正しい敷き方

もう草刈り機を使いたくないあなたに

同じ植物とはいえ、ガーデニングの園芸植物とは比較にならない程の生命力を持っている雑草。
放置しておいても枯れることはなく、灼熱の炎天下でもぐんぐん成長を続けます。
そんな逞しさを持つ雑草には、「防草シート」による対策が効果的です。
ここでは防草シートについてご紹介いたします。


続きを読む 雑草が少ない冬がチャンス!防草シートの正しい敷き方

作業内容で使いわける 床養生材の種類と特徴

2015年10月05日

作業内容で使いわける 床養生材の種類と特徴

傷や汚れから住宅を守る養生

建築現場、土木作業、塗装工事において、「養生」は欠かすことのできない作業の一つです。
養生が不十分だと効率的に作業を進めることができません。
作業内容によって予想される傷や汚れの種類が異なるため、それぞれに適した養生材が必要です。ここでは家の廊下や床を守る、床養生材について紹介します。

続きを読む 作業内容で使いわける 床養生材の種類と特徴

頼れるのは国だけじゃない!アスベスト除去に使える補助金のご紹介

2015年09月24日

アスベスト除去に使用できる補助金情報

深刻な健康被害を生むアスベスト

アスベストとは、天然鉱物繊維で「石綿」とも言われています。
コストパフォーマンスがよく、補強材として耐火や断熱の効果もあるため、日本では1970~1990年ごろにかけて建築現場で次々と使われていました。
しかし、アスベストは人体への影響が大きく、肺ガン、石綿肺、悪性中皮腫など命に関わる病気の原因となることが近年になり分かってきました。
古い建築物にはアスベストが使われている可能性があり、その場合は除去が必要となっています。
アスベスト除去工事にかかる費用の目安や、利用できる補助金についてここではご紹介していきます。

続きを読む 頼れるのは国だけじゃない!アスベスト除去に使える補助金のご紹介

防炎シート 1類と2類の違いとは?

2015年09月14日

防炎シート 1類と2類の違いとは?

建築現場に不可欠な防炎シート

建築現場の安全を守るために、特定の要項に該当する建物においては防炎シート使用が法律により義務付けられています。
防炎シートと一言で言っても、1類と2類という種類があります。

 

最安1枚950円から!防炎シートの一覧はこちら。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/list.php?category_id=85

 

続きを読む 防炎シート 1類と2類の違いとは?

何とかしたい仮設トイレの臭いに。バイオ消臭の仕組み

2015年09月10日

仮設トイレのバイオ消臭

鼻をつくあの臭いを、何とかしたいなら


建築現場、工場、農作業の圃場などにおいて仮設トイレは欠かすことのできない存在です。
阪神淡路大震災や東日本大震災の被災地でも活躍していたことが、新聞やテレビといったメディアで報じられました。
その一方で、仮設トイレに悪臭はつきもので、悩みの種でもあります。
悪臭は企業イメージの低下を招き、作業員の士気にも影響を及ぼす可能性があるので、放っておけない問題といえるでしょう。
ここではそんな仮設トイレでの悪臭対策をご紹介いたします。

続きを読む 何とかしたい仮設トイレの臭いに。バイオ消臭の仕組み

労働安全衛生リスクを軽減!遮熱シートの効果

2015年08月31日

労働安全衛生リスクを軽減!遮熱シートの効果

進む温暖化で増す気温対策の必要性

気温対策などの労働環境の改善には、生産性の向上など、多くの効果が期待できます。
また、温暖化により気温の上昇が身近になっている今、業務中の死亡事故も各地で発生するようになってきました。
そこで今注目されているのが、「遮熱シート」の活用です。ここでは、遮熱シートの機能性や役割についてご紹介いたします。

続きを読む 労働安全衛生リスクを軽減!遮熱シートの効果

ブルーシートの新しいスタンダード!年数シート。

2015年08月03日

20150803

ブルーシートは番手が大きいほど長く使えます。
おおよそ#3000(3000番手)で、9ヶ月~1年程度と言われていますが、製造しているメーカーや使用環境によって耐久期間は変わってしまいます。

そんななか、「1年使えるシート」、「3年使えるシート」というお客様のご要望にはっきりと応えられるシートがあります。
萩原工業というメーカーが作っている年数シートです。

続きを読む ブルーシートの新しいスタンダード!年数シート。

青以外のブルーシート?

2015年07月28日

青以外のブルーシート

ブルーシートはその名の通り、青色をしています。では、なぜ青色なのでしょうか。 いくつかの理由がありますが、青色の塗料が安かったこと、空の色で景観に溶け込みやすいことが大きな理由のようです。


ちなみに、ブルーシートは和製英語で海外では通じません。英語では、タープという言葉が使われます。

続きを読む 青以外のブルーシート?

実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?

2015年07月06日

実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?

みなさんは、ブルーシートの実際のサイズを測ったことはありますか?

3.6m×5.4mとして売られているブルーシートを実際にメジャーで測ってみると、実は10cmほど小さいのです。
これは、長さを水増ししているわけでも、工場の加工精度が低いわけでもありません。ブルーシートの規格サイズの定義が関係しています。

続きを読む 実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?

フレキシブルコンテナバッグの寸法は何種類ある?

2015年06月22日

フレキシブルコンテナバッグのサイズ

フレキシブルコンテナバッグでよく使われているサイズは直径1100×高さ1100mmですが、色々な寸法の製品があります。

「比重の重たいものを入れるので、500×500mmくらいの小さい方が作業しやすい。」
「高さ1800mmのバッグで、長い塩ビパイプを入れて運びたい。」
といったご要望があるようです。

サイズを特注するフレキシブルコンテナバッグを作成している会社はよくありますが、発注数量が多くないと割高になってしまいます。

そこで、日本で販売されているフレキシブルコンテナバッグの寸法を調べてみました。

続きを読む フレキシブルコンテナバッグの寸法は何種類ある?

耐荷重1tのフレキシブルコンテナバッグに土はどれだけ入る?

2015年06月05日

耐荷重1tのフレキシブルコンテナバッグに土はどれだけ入る?

フレキシブルコンテナバッグでよく使われるのは、容量が1 m3(1立米)、耐荷重が1tのタイプです。1つのバッグに1tの内容物が入るので、トンバッグと呼ばれることもあります。

水の比重は1(1t/1m3)です。単純計算では1m3のバッグに1tの水を入れられることになります※1。

一方、鉄の比重は7.85です。そのため、0.12m3で1tに達してしまいます。バッグの1/8ほど入れたところで、耐荷重に達します。それ以上入れると、吊り下げたときに吊りベルトが切れるリスクが高まります。

続きを読む 耐荷重1tのフレキシブルコンテナバッグに土はどれだけ入る?