最適な遮水シート とは!遮水シート 合成ゴム(樹脂)系の種類・弾性・用途・耐久性について

2016年04月26日

一般的に利用される遮水シートは、合成ゴム(樹脂)系です。低・中・高弾性タイプや、廃棄物処理分野など用途に応じて、さまざまな種類の遮水シートが存在しています。廃棄物処分場での利用など用途に合わせて最適な遮水シートを判断できるように必要なポイントをまとめてみました。

 

しっかりとした遮水シートを選ぶことで、地球規模でやさしい企業になれます。
pixta_17394495 (Medium)

 

遮水シートなら建築土木資材.comへお問い合わせください。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系の種類について

遮水シートは、大きく3種類に分類されます。合成ゴム(樹脂)系、アスファイルト系、ベントナイト系です。合成ゴム(樹脂)系は、さらに4種類の弾性タイプに分かれます。低・中・高弾性タイプと、繊維補強タイプです。

 

低弾性タイプでは、加硫ゴム系、塩化ビニル樹脂。
中弾性タイプでは、オレフィン系熱可逆性ゴム、熱可逆性ポリウレタン、低密度ポリエチレン、エチレン酢酸ビニル樹脂。
高弾性タイプでは、高密度ポリエチレン、中密度ポリエチレン。
繊維補強タイプでは、繊維補強加硫ゴム、繊維補強塩化ビニル樹脂。
など素材で耐性が分かれています。

 

遮水シートの用途に応じて、最適な遮水シートを選択しましょう。遮水シートを販売している会社へ用途を説明して最適な遮水シートを提案して頂くのがよいでしょう。

 

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の弾性タイプの違いとは

低・中・高弾性・繊維補強タイプの違いは、引張・引裂・接合部強度性能の違いです。それらの性能を必要としない場合は、低弾性タイプお選びください
張力に強く、破け難く、接合部分が強い遮水シートを探している場合は、高弾性タイプです。繊維補強タイプは、伸び率が低いことに注意してください。断裂強度には優れています。

 

また弾性とは、伸びる力に対して耐性です。弾性が高いほど伸びにくく、弾性が弱いほど伸びやすくなります。遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の場合は、この弾性が一つの性能の目安となります。用途に応じて必要とする引張・引裂・接合部強度性能を確認して、最適な弾性タイプを選択しましょう。

 

遮水シート日本遮水工協会自主基準では、
低弾性タイプ:引張強さ120 N/cm 伸率280%・引裂性能強さ40N以上・接合部強度性能せん断裂強度60N/cm 以上
中弾性タイプ:引張強さ140 N/cm 伸率400%・引裂性能強さ70N以上・接合部強度性能せん断裂強度80N/cm 以上
高弾性タイプ:引張強さ350 N/cm 伸率560%・引裂性能強さ140N以上・接合部強度性能せん断裂強度160N/cm 以上
繊維補強タイプ:引張強さ240 N/cm 伸率15%・引裂性能強さ50N以上・接合部強度性能せん断裂強度140N/cm 以上

 

 

遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の主な用途

遮水シート 合成ゴム(樹脂)は様々な用途で活用されます。例えば糞尿や廃棄物などの廃棄物処理分野。雨水の貯蔵や、ため池、用水路など農業分野。宅地や公園などの建築物における屋上防水、プール・水槽など建築分野。ダム、河川、港湾などを始めとする土木建設分野。ゴルフ場、公園の観賞池、調整池など造園分野。

 

遮水シートの施設別用途
・一般廃棄物処分場、産業廃棄物処分場
・糞尿貯留槽・処分場
・雨水貯留槽
・鉱滓貯留槽・沈殿池・工場廃液処理池
・農業用溜池・養殖池
・宅地造成調整池
・公園、庭園やゴルフ場の景観地
・ダム・河川の遮水、共同溝、仮設
・海岸護岸、港湾岸壁、防波堤
・河川、用水路、仮設水路、トンネル止水用
・プール・タンク等の構造物の外壁防水、
・軟弱地盤改良用 他

 

 

廃棄物処理分野で使用する遮水シート 合成ゴム(樹脂)系 の厚さや耐久性について

確実な品質が必要となる廃棄物処理分野で遮水シートの利用には注意が必要です。廃棄物処理分野で使用する遮水シートは、1.5mm以上の厚さが目安です。一般的な厚さの測定方法は、遮水シート幅方向5箇所の厚さを測定した平均値が厚さとなります。測定値は、-10%から+15%までの幅があるとされています。

 

耐久性については、15年が目安になります。最終処分場の埋め立て期間は、5年から15年程度だからです。さらなる安全性を必要とする考えも強く、50年以上の耐久性の需要も増えてきています。

 

15年以上の目安として、耐候性(紫外線変化)試験があります。強い紫外線による劣化促進試験です。約5000時間の照射をクリアすることで、15年の実用性があると考えられています。



条件や環境によりさまざまな要項がありますので、基礎知識を理解したうえで、まずは業者にお問い合わせをお勧めいたします。

 

 

遮水シートなら建築土木資材.comへお問い合わせください。
http://www.kensetsu-shizai.com/products/detail.php?product_id=45688