カテゴリー別アーカイブ: ブルーシート

大地震など災害後に使える最適な防水ブルーシートの厚さ、種類、価格について考える

2016年05月06日

 

ブルーシート(カラーシート)は、大地震など災害後に品切れしやすい部材です。地震で瓦が壊れ雨漏りを防ぐためや、割れてしまった窓を塞いだり、室内に荷物を置くことができず、野外に置く荷物をとりあえず保護するシートとして活躍します。ほかにも地面に敷いたり、屋根の代わりに設置したり、とにかく万能に使えます。

 

さまざまな用途で使えるため震災や災害後は、ホームセンター等ではすぐに売り切れます。あらかじめ業務用の幅広くて丈夫なブルーシートを備えておくことをお勧めします。今回はそんな用途に最適な防水のブルーシートについて考えてみます。

000005

 

 

ポイント1:なるべく厚いブルーシートを選ぼう!#3000がオススメ

ブルーシートの厚さはシャープ数字で表現されます。#1000~は薄手です。 #3000は厚手です。できるだけ数字が大きいブルーシートを選びましょう。 厚手であればあるほど、破れにくく丈夫になります。防水の性能も高くなります。 価格は少しだけ高くなりますが、災害時用に備えるなら信頼性を重視しましょう。

 

#3000のブルーシートが入手しやすくオススメです。

06171303_539fbe2e7d810

 

ポイント2:なるべき大きいサイズを選ぼう!大は小を兼ねる

最大で25m×25mサイズのブルーシートもあります。さすがに25m×25mサイズとなると 価格が高くなります。10m×10mになると#3000で1枚あたりの価格が12000円になります。 5.4m×9.0mになると#3000でも5000円台になりグッと安くなります。

 

5.0m以上のブルーシートで、予算に合わせて選びましょう。 屋根の瓦等の仮の修復に使えるサイズが1枚用意できれば、 安心感が増します。

※価格は建設土木資材.comを基準とした価格になります。

03271618_5333d0d2570a9

 

ポイント3:ハトメ(金属のホール)は必須。業務用にはハトメあり。

家庭用のブルーシートには、ハトメ(金属のホール)がないものもあります。 業務用のブルーシートの端にハトメがあります。資材専門店で購入すれば、 ハトメが標準です。念のために購入するときは、ハトメがあるか確認しましょう。 ブルーシートを紐などで固定するには、ハトメが必須です。

 

 

ポイント4:長期になる場合は、紫外線(UV)耐候剤入りの長持ちシートもあります。

ブルーシートなどは紫外線で劣化します。そのために非常に長期の利用が考えられる場合は、紫外線(UV)耐候剤入りの長持ちシートを購入しておけば安心です。ただし価格も高くなりますので、予算に合わせて考えましょう。

04161543_534e269256402

 


関連商品


 

ご不明な点はこちらからお問い合わせください
bs_bnr1

ブルーシートの新しいスタンダード!年数シート。

2015年08月03日

20150803

ブルーシートは番手が大きいほど長く使えます。
おおよそ#3000(3000番手)で、9ヶ月~1年程度と言われていますが、製造しているメーカーや使用環境によって耐久期間は変わってしまいます。

そんななか、「1年使えるシート」、「3年使えるシート」というお客様のご要望にはっきりと応えられるシートがあります。
萩原工業というメーカーが作っている年数シートです。

続きを読む ブルーシートの新しいスタンダード!年数シート。

青以外のブルーシート?

2015年07月28日

青以外のブルーシート

ブルーシートはその名の通り、青色をしています。では、なぜ青色なのでしょうか。 いくつかの理由がありますが、青色の塗料が安かったこと、空の色で景観に溶け込みやすいことが大きな理由のようです。


ちなみに、ブルーシートは和製英語で海外では通じません。英語では、タープという言葉が使われます。

続きを読む 青以外のブルーシート?

実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?

2015年07月06日

実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?

みなさんは、ブルーシートの実際のサイズを測ったことはありますか?

3.6m×5.4mとして売られているブルーシートを実際にメジャーで測ってみると、実は10cmほど小さいのです。
これは、長さを水増ししているわけでも、工場の加工精度が低いわけでもありません。ブルーシートの規格サイズの定義が関係しています。

続きを読む 実際のブルーシートは規格サイズよりも小さい?